慶事用商品

金封袱紗・ポーチ型祝儀袋

金封を入れる「袱紗(ふくさ)」は先方の気持ちを考え、礼節を重んじていますという心遣い、また熨斗袋の水引がくずれたり汚れたりしないようにするために使います。正式には一枚布で包む風呂敷タイプになりますが、最近は使いやすい挟むタイプの金封袱紗が人気です。高貴な花である菊をあしらった桜色の金封袱紗と慶弔どちらにも使えるリバーシブルになった袱紗があり両用タイプは裏返して使うことで裏地が表になり左右開きを変える事が出来ます。一つあれば重宝し、性別や年齢に関係なく幅広く使える落ち着いたデザインです。その他出産祝い用の布地祝儀袋は短冊と水引を取ると記念の品として使えるポーチになります。気心の知れた方々への祝儀やお祝品との同封などにお使い頂けます。
お問い合わせ
★店舗での販売のみです ご来店お待ち致しております
Go to Top